aromacare_admin のすべての投稿

家事アロマ✿お掃除ですっきり!

☆じめじめ時期の気分転換!アロマでお掃除☆

また今日もベタベタ(-“-)ベタベタ(-“-)
あ~っスッキリしたい!そんな時期こそ。
アロマを使ったお掃除で気分もスッキリ爽快!間違いなし!(^^)!

そこで今回はアロマをお掃除に使う方法をお伝えしたいと思います。
私の一番のオススメはアロマスプレー!
お部屋の芳香やお掃除、気になる臭い対策に大活躍するアロマグッズです。

d2c324b605fdbb52962c13b7ab84c7f5_s

作り方は、市販の掃除用アルコールスプレーでも良いですし、エタノールを水で希釈してもOK!
そのスプレー水に、お好きなエッセンシャルオイル(精油)を混ぜるだけでオリジナルアロマスプレーの出来上がりです。

アロマは昔、中世ヨーロッパでの伝染病大流行に効果を発揮したと言われるほど。
梅雨の季節にオススメのエッセンシャルオイル(精油)と使い方を見ていきましょう。

☆ペパーミント
殺菌とリフレッシュ効果が期待できます! 
すっきりとしたシャープな香りは、食卓や台所のお掃除にピッタリ。
オススメの使い方は、拭き掃除や食事の際のおしぼりでリフレッシュできます。
ペパーミントオイルを入れたお水に布巾やお手拭きをひたして、よく絞ってから使うと便利。
食卓がミントオイルの香りにつつまれ、食欲増進や嫌な布の臭いを防ぐ効果も。
梅雨時の蒸し暑さで食欲が落ちてしまう人や、リフレッシュしたい方に特にオススメです。

☆ティーツリー
部屋の除菌や湿気対策、カビ対策に!
風邪や花粉症の季節に大活躍のアロマは、殺菌・抗菌作用も優れています。
オススメの使い方は、アロマポットやデュフューザーなどで拡散させる方法。
空気中に広がった香気成分が、除菌、消臭、防カビパワーを発揮します。
靴や靴箱、タンスなどの消臭や抗菌にもオススメ。

☆レモン
爽やかな柑橘系の香りのレモン。
殺菌作用もあり、オススメはキッチンの拭き掃除。
柑橘系のオイルは、油汚れを落とす作用もあるので汚れにスプレーをかけて拭き取ってください。
また、レモンは集中力や記憶力を増す効果もあるので、仕事部屋や子ども部屋のデスクまわりの掃除にgood。
爽やかなレモンの香りが梅雨時の気分を晴れやかにしてくれます。

☆レモングラス
レモンに似たハーブ系の香り。
虫除けや強い作用を持っています。
窓際などにスプレーしたり、拭き掃除に使うことで虫が近付いてくるのを防ぐことができます。
キッチンなどの虫が発生しやすい場所にもオススメ。
空間の殺菌・清浄作用もあるので、デュフューザーなどでの拡散などにも向いています。

e7bc9c05fc381eab3a22562d06b419ce_s

今回ご紹介したオイルは、殺菌・消臭作用は共通しています。
それぞれの香りをブレンドして、オリジナルな香りを作るのもいいですね。
ジメジメした梅雨時、アロマの香りで生活も気分もすっきりリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

家事アロマ✿梅雨時期のお洗濯

☆じめじめ時期のお洗濯に!アロマパワー☆

梅雨に入り不安定な天候が続きますね~
我が家は毎日のお洗濯が大変なことになっています。
洗濯物も乾きにくく部屋干しばかり。匂いも気になるし・・・。

ff9fff41d674f1e9c63690487e6bb127_s

でも、こんな時こそアロマが大活躍!
使い方は、とっても簡単!
なんと!リネンウォーターや洗濯時のエッセンスとして使えるんです。

リネンウォーターは、アルコール水にお好きな香りを数滴垂らし混ぜ、洗濯後の衣類等にシュッとかけるだけ。
さらにお洗濯のエッセンスとしての使い方は、小さなカップなどに水道水を入れ精油を数滴垂らします。
そしてすすぎの際に洗濯機にいれるだけ!これだけでOKです。

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s

湿気が多くて臭いが気になる時におすすめな精油は「ラベンダー」「ティートリー」。
リネンウォーターでもおなじみですね。
すっきりしたハーブ調の香りで殺菌作用もあるラベンダーと、高い殺菌・除菌作用を持つティートリー。

干すときも、ほのかに香ってきて、お洗濯も楽しく感じます。

今年の梅雨は、アロマテラピーの心地よい香りを楽しみながら、ぜひ活用してみてくださいね!

LINEで送る

紫陽花のお話~七変化と諸行無常

☆色の移り変わりと気持ちの関係☆

梅雨に入りましたね。
気温や気圧の変化で体調を崩されてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、今が旬の紫陽花(あじさい)のお花についてがテーマ。

9e3c0d37647ec7e3d6a1d7abcd4be9f9_s

ピンクや紫、白など色が変化する紫陽花のお花
このお花の変化は、人の「気持ち」にも例えられるよう。

変化というと、良い意味・悪い意味どちらでもとれるニュアンスですが、
紫陽花の色は、土のペーハーによって変わるため、環境に流されるという意味で
「移り気・浮気性」という花言葉が付けられマイナスイメージになることも。

反面、紫陽花の花を仏教の「諸行無常(しょぎょうむじょう)」に例えることがあります。

すべてのものは移ろいゆくもの。
人に限らず、意識や無意識に関わらず世の中のものは、常に揺れ動き変化し続けています。
例えば、時間・空模様・心・体などなど・・・。
ず~っと同じものは存在しないのでは?

満開の紫陽花が咲く道を歩きながら、知識や経験・先入観などにしばられず、素直な心でありのままを受け止めよう。

紫陽花の花の変化は心や環境の変化と同じ。
変わりたくないと思っていても、いつのまにか変化している。

今回は、いい方向に変化していくよう頑張ろうと奮い立たしてくれる紫陽花のお花のお話でした。

LINEで送る

寂しさと不安とアロマ(2)

☆失うことの寂しさと不安な気持ちを癒す香り☆

介護の仕事をしていると必ずと言っていいほど感じる高齢者の方の気持ち。
ふとした瞬間に見せる寂しげな表情や言動。

それは・・・
「喪失感と不安感」

さて、今回は前回の続き。
今回のテーマは寂しさと不安とアロマ(2)として
高齢者の方が感じている『喪失感』を癒してくれる香りをご紹介します。

9161e1e6b4d3acf60aca7a6e51a63c12_s

『喪失感』を感じたときにおすすめの香り
安息香(ベンゾイン)

安息香は世界中で宗教や悪魔払いなどに使われてきました。
日本でもお香に使われ、優れたリラックス効果で「安息」をもたらすと言われている香り。
この香りには、緊張や不安、孤独感、喪失感などを和らげ心を落ち着かせる効果があります。
また、気管支炎や呼吸器系のトラブルに働きかけ呼吸を楽にしてくれたり、乾燥したお肌のスキントラブルにもピッタリです。

benzoin

使い方は、トリートメントオイルやバスソルト、芳香浴(粘度が高い精油のためオレンジやレモンとのブレンドがおすすめ)など。
高齢者の方のケアや深いリラックスが必要なときにオススメです。

学名:Styrax benzoin / Styrax tonkinensis
科名:エゴノキ科
種類:高木
別名:アンソクコウ(安息香)
抽出部位:樹脂
抽出方法:有機溶剤抽出法(アブソリュート)
主な産地:タイ、インドネシアなど

ご参考になれば幸いです。

LINEで送る

寂しさと不安とアロマ(1)

☆失うことの寂しさと不安な気持ちを癒す香り☆

介護の仕事をしていると必ずと言っていいほど感じる高齢者の方の気持ち。
ふとした瞬間に見せる寂しげな表情や言動。

それは・・・
「喪失感と不安感」

下記について想像してみましょう。

901783186c2962bb8509001cd301cf2a_s

あなた(私)にとって大切なものは何ですか?
思い浮かんだものを挙げてみてください。

恋人

家族

友達

健康

趣味

などなど

人によって大切なものは様々。

では、次に先ほど挙げた大切なものから、失くしても良いものから順番に消していってください。

・・・

そして、その気持ちを感じてみてください。
大切なものを失っていく・・・気持ち。

人は年を重ねると得るものよりも失うことが多くなります。

それは、高齢者の方の多くが抱えている気持ちです。

だからこそ、私たちは高齢者の方が元気になる介護をしていきたいと思っています。

ここでもアロマが大活躍。
次回は、元気になるアロマをご紹介します。

LINEで送る

美容とリラックスに✿カモミール

☆美容と疲れに。優しいカモミールの香りでリラックス☆

こんにちは。
お天気の日が続き、季節はすっかり初夏ですね。
初夏といえばハーブの季節!

・・・ということで、今回のアロマ&ハーブは5月~7月に開花する「カモミール」をご紹介したいと思います。

camo

【カモミール】
科  名: キク科
抽出部位: 花
抽出方法: 水蒸気蒸留法
原産地 : イギリス、ドイツ、フランス、モロッコなど

カモミールは、ジャーマンカモミール(1年草)とローマンカモミール(多年草)、大きく分けて2種類あります。
ローマンカモミールは、ジャーマンカモミールに比べると香りが強いので、アロマセラピーとして良く使用され、
ジャーマンカモミールはハーブティーとして利用されることが多いようです。

camo5

今回は、ローマンカモミールに焦点を当ててみたいと思います。
ローマンカモミールには、下記の働きがあります。

<体への働き>
頭痛や筋肉痛、歯痛、神経痛など痛みを和らげ、落ち着かせる働きがあります。
女性特有のトラブルにもよく、月経トラブルやイライラにもおすすめ。
緊張を取り除くので、安眠作用も期待できます。

<心への働き>
カモミールは、緊張や自分らしさを見失った時の落ち込み、不安と言った気持ちを
緩和させ、ありのままの自分を受け入れることを促します。
そして安心感と癒しを生み出します。
神経をリラックスさせてくれるので、緊張や不眠にも効果的です。

<お肌への働き>
炎症や肌荒れを抑え 、肌を落ち着かせるとともに保湿作用があります。

chamomile2

女性にとって嬉しい作用が盛りだくさんのカモミール。
一日の終わりのバスタイムやトリートメント、就寝前のリラックスティーとしてオススメです。

LINEで送る

自信を取り戻したい貴方へ✿ジャスミン

☆なんとなく自信がないときに。ジャスミンの香りでやる気UP☆

こんにちは。
いつもホームページをご覧いただきありがとうございますヽ(;▽;)ノ
5月に入ってから、爽やかなお天気が続いていますね~
抜けるような青空と初々しい若葉が眩しい季節・・・。

だけど・・・。
5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れない等・・・。
そのような症状で悩んでいませんか。
これがいわゆる「五月病」。
精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多いようです。

この時期、街を歩いていると「甘く優しい香り」がフッとしてくる香り。
その香りがジャスミンの香りです。

jasmin2

ジャスミンは、1トンの花(約700~800万個分)から、たったの1kgのアブソリュートしか採れないため、
とても高価で贅沢なアロマオイルです。
脳内麻薬と呼ばれるエンファリンや、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を活性化させる作用があり、
自信を取り戻し幸福感をもたらす効果が期待できます。

jasmin

この香りを身につけると、内側から自信がみなぎってきます。
自信を喪失してしまった時、心に余裕がない時、ジャスミンの香りを嗅いでみてくださいね。

LINEで送る

母の日に✿カーネーションのアロマ

☆母の日に送りましょう!カーネーションの香り☆

連休明け。さわやかな初夏の陽気が続いていますね。
ゴールデンウィークが過ぎると、いよいよ5月14日(日)は母の日。
母の日といえばカーネーション!
今回は、カーネーションの精油をご紹介したいと思います。

haha1

カーネーションはエジプト、ヨーロッパが産地でナデシコ科の植物です。
精油については、採油率が大変低いため非常に高価で貴重な香りです。
香りは、フローラルで甘く濃厚な香りの中にスパイシーさがあり、虫除けにも使われたりします。

アロマセラピーでは、トリートメントよりも芳香浴での効果が高いとされ、
ストレスが溜まっている時など気分をスッキリ軽やかにしてくれます。
また、消化器系にも有効で消化不良やお腹のガスの排出などにオススメの香りです。
是非、母の日にカーネーションの香りをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

haha2

LINEで送る

疲れた心と身体に✿森林アロマ

☆さわやかな気分に!森林の中にいるような香り☆

気持ちのいいお天気が続いていますね。
心地よい風と新緑の季節・・・。

もうすぐゴールデンウィーク。
山や高原、温泉などにお出かけの予定がある方もたくさんいらっしゃると思います。

森の空気を吸い込んだときのさわやかな香り。

tree01

この香りは樹々が空気中に発散している森林揮発性物質(フィトンチッド)というもの。
その中にはα-ピネン(アルファピネン)という成分が含まれていることがわかっています。

このα-ピネンを入浴に使用した際の実験をご紹介したいと思います。

実験は、30~50代の健康な方々を対象に、α-ピネン入浴と通常入浴をしてもらい、その後の血液やリンパ球の変化を比較しました。
結果、α-ピネン入浴では、細胞傷害性T細胞(CTL)活性が上昇したことが認められました。
CTLとは、ウイルス感染細胞や癌細胞など、異物となる細胞を認識して破壊する細胞です。

通常入浴では、免疫機能に関わる末梢リンパ球の細胞率が減少を示し、一方のα-ピネン入浴では変化は認められませんでした。
以上の結果から、α-ピネンは、健康を維持するための免疫機能によい作用を与えているのではないかと考えられます。

蒸気

芳香浴や入浴で森林の香りを感じてみませんか。

LINEで送る

安眠アロマ✿深い眠りにつくために

☆眠れない!そんなときのおすすめアロマ☆

季節の変わり目、睡眠でお悩みではないでしょうか?
なかなか寝付けない・スッキリ目が覚めない・日中眠たくなる・・・。

fuminimage

介護の場面でも不眠は大問題です(T_T)
不眠は認知症など様々な原因が考えられますが、不眠による「時間の認知」ができなくなると、
夜は活動的で昼は眠っているという状態で、時間の感覚がわからなくなるようです。

その場合、朝と夜の時間帯に応じて使う精油を変えて、室内に香りを拡散させると、
時間の認知に役立つ場合があります。
使う精油の作用に関しては、朝はすっきり覚醒するような作用、昼前は食欲を促すような作用、
夜は鎮静やリラックス作用と使い分けて行い、毎日継続することが大切です。

moon-aroma

≪不眠タイプ別おすすめアロマ≫
(1)遅くまで仕事をしていた、緊張して眠れない、神経が高ぶっているなど。
このような場合の睡眠の手助けとしては、
気持ちを落ち着かせてリラックスさせる「真正ラベンダー」「カモミールローマン」「ネロリ」「プチグレン」がおすすめ。

(2)喧嘩してへこんでいる、仕事のミスで落ち込んでいる、何だか怖い等、気持ちが落ち込んでいて眠れないとき。
リラックス系のアロマを使うとさらに落ち込んでしまう場合があります。
そんな時は、「グレープフルーツ」「オレンジスイート」「ベルガモット」「ペパーミント」などスッキリ系の香りがおすすめ。
さわやかな気持ちで眠ることができます。

(3)マイナス思考で悩むとき。
「ローズマリカンファー」や「ペパーミント」「ユーカリラジアタ」など、キリっとする香りがおすすめ。

使い方は簡単。ティッシュに選択したアロマを数滴垂らして、枕元に置くだけ。
ディフューザーがあればさらにgood! 時間に余裕があれば、寝る前にアロマオイルマッサージや足浴をするのも良い方法です。

LINEで送る