アロマケアスクール誕生のお話

こんにちはヽ(^0^)ノ
HPをご覧頂き、誠にありがとうございます。
今回は、アロマケアスクール誕生についてお話したいと思います。

お話の前にお知らせをひとつ。
私事ですが、介護の仕事に就いて早3年半✿
今年の介護福祉士試験に合格することができました!

ご利用者様、一緒にお仕事をしている仲間たち、関係者の方々・・・。
皆様に「心から感謝」です。
いつも暖かい笑顔に包まれて仕事ができているおかげだと実感しています。
本当に皆様ありがとうございます!
そして・・・これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、アロマケアスクール誕生のお話です。
私は介護の仕事をする以前、アロマサロンでのセラピストやアロマインストラクターとして
アロマセラピーの仕事をしていました。
・・・だけど、今は介護現場で仕事をしています。

その理由は、
「アロマを介護や医療に取り入れたい!」と強く感じたから。

そのためには、『現場を知らなければ本当の介護アロマができない!』
そんな思いから介護の仕事を始めました。
最初はデイサービスでのお仕事、そして今は訪問介護でお仕事をしています。

介護現場での仕事を実際に経験してみると、
表面上だけでの「アロマで癒してあげたい」は通用しないことが実感しました。
利用者様を取り巻く様々な環境や心身の状態。1人1人違う障害や疾病。
そして、行政や法律、地域や利用者様の周囲の人たちとの関係。
・・・いろいろな事が絡み合い簡単にはアロマの導入が難しいことがわかりました。

でも、そんな難しい状況であっても自然の香りやタッチケアを実践してみると、
利用者様をはじめ、皆さんのお顔が優しい表情に変わっていくのです。

その表情を見ていると、介護アロマを現場に取り入れたい気持ちがますます強くなりました。
「介護される側も介護する側もアロマは本当に必要なんだ!」
この思いからアロマケアスクールは誕生しました。

介護を受けている利用者様や、その介助をされているご家族やスタッフの方のストレスケア、
生活の楽しみや癒しに役立つよう、スクールを通して「実践的な介護アロマケア」を拡げていきたいと考えています。

同じ思いを抱いている方、これからアロマを導入したいスタッフやご家族様、是非レッスンへのご参加お待ちしております。

LINEで送る