アロマハンドケアでできること

こんにちはヽ(^0^)ノ
HPをご覧頂き、誠にありがとうございます。
暖かい日差しが少しづつ感じられる季節になりました。
やっと訪問介護にも春の訪れがやってきたようです(^o^)
さて、今回は「アロマハンドケアでできること」をテーマにその効果をご紹介します。

hand

アロマといえば「癒し」「リラックス」「リフレッシュ」などのイメージをお持ちの方が多いと思います。
もちろん、好きな香りや心地よい香りを嗅ぐことで「癒し」「リラックス」「リフレッシュ」効果が得られますが、
実は!アロマハンドケアでできることは、それだけではないんです!

それは・・・コミュニケーションと肌と肌との触れ合いによって得られる、
『幸福ホルモン』または『愛情ホルモン』と言われるホルモンである『オキシトシン』です。

『オキシトシン』とは、
脳の中の視床下部で作られ、下垂体から血中へと流されるホルモン。
例えば、オキシトシンは、赤ちゃんとお母さんとの触れ合いにより授乳が出来るように働きかけたり、
幸福感をもたらします。

オキシトシンが分泌されると、安心感や信頼感が生まれ人間関係を円滑にし、ストレスを軽減させます。

オキシトシンの具体的な効果例
1 人への親近感や信頼感を増し人間関係を良くする。
2 ストレスの軽減や幸福感を得られる。
3 血圧の上昇や心臓機能を良くする。
4 脳がストレスに強くなり学習能力が高くなる。

chamomile2

アロマケア・ボランティア講座では、オキシトシンをはじめアロマハンドケアで得られる効果を体感できます。
ご興味のある方は、是非ご参加ください。

アロマケア・ボランティア講座のお申し込みはこちらをクリック。

ご参加お待ちしておりますヽ(´▽`)/

LINEで送る