安眠アロマ~深い眠りにつくために~

こんにちは。
いつもホームページをご覧いただきありがとうございますヽ(;▽;)ノ

季節の変わり目、睡眠でお悩みではないでしょうか?
なかなか寝付けない・スッキリ目が覚めない・日中眠たくなる・・・。

fuminimage

介護の場面でも不眠は大問題です(T_T)
不眠は認知症など様々な原因が考えられますが、不眠による「時間の認知」ができなくなると、
夜は活動的で昼は眠っているという状態で、時間の感覚がわからなくなるようです。

その場合、朝と夜の時間帯に応じて使う精油を変えて、室内に香りを拡散させると、
時間の認知に役立つ場合があります。
使う精油の作用に関しては、朝はすっきり覚醒するような作用、昼前は食欲を促すような作用、
夜は鎮静やリラックス作用と使い分けて行い、毎日継続することが大切です。

moon-aroma

≪不眠タイプ別おすすめアロマ≫
(1)遅くまで仕事をしていた、緊張して眠れない、神経が高ぶっているなど。
このような場合の睡眠の手助けとしては、
気持ちを落ち着かせてリラックスさせる「真正ラベンダー」「カモミールローマン」「ネロリ」「プチグレン」がおすすめ。

(2)喧嘩してへこんでいる、仕事のミスで落ち込んでいる、何だか怖い等、気持ちが落ち込んでいて眠れないとき。
リラックス系のアロマを使うとさらに落ち込んでしまう場合があります。
そんな時は、「グレープフルーツ」「オレンジスイート」「ベルガモット」「ペパーミント」などスッキリ系の香りがおすすめ。
さわやかな気持ちで眠ることができます。

(3)マイナス思考で悩むとき。
「ローズマリカンファー」や「ペパーミント」「ユーカリラジアタ」など、キリっとする香りがおすすめ。

使い方は簡単。ティッシュに選択したアロマを数滴垂らして、枕元に置くだけ。
ディフューザーがあればさらにgood! 時間に余裕があれば、寝る前にアロマオイルマッサージや足浴をするのも良い方法です。

アロマやボランティアが初めての方は、5月19日(火)にアロマケア・ボランティア講座を開催いたします。
アロマの基本が学べる講座で、バスソルトやアロマスプレーなども作成します。もちろんお持ち帰りいただけます!
また、アロマケア・ボランティア講座を受講することで、ボランティアへ参加できます。

たくさんのご参加お待ちしておりますヽ(´▽`)/

LINEで送る