アロマとハーブ

こんにちは。インストラクターの池澤です。

本日は、自然の植物の力をアロマセラピー以外で取り入れる方法の一つをご紹介します。

アロマセラピーは、ハーブの中に含まれる精油(香りの成分)を抽出し、

私たちの心や体にさまざまなプラスの効果をもたらす方法の一つです。

でも、植物の中には香り以外にも、薬草やスパイス、お料理で使う香草など・・・。

「人間の生活に役立つ」ものがたくさんあります。

これらは、総称して一般的に「ハーブ」と呼ばれています。

ハーブの中には、健康維持や疾病の予防、治療などの機能を持つものもあり、

実際に医薬品の原材料の4分の1は植物由来と言われています。

そして、ハーブは私たちが本来持っている「自己調整機能」や「自己治癒力」に働きかけ、これらを活性化してくれます。

植物によっても得意な働きは様々ですので、

お湯や水で植物の有効成分を抽出したものをハーブティ。

ウォッカやホワイトリカーなどの無臭蒸留のアルコール液に漬け有効成分を抽出したものをチンキ/ティンクチャー。

スパイスやバジルなどはお料理で使われます。

また、ポプリにして香りを楽しんだり、お風呂にいれてハーバルバスとして楽しむことができます。

アロマとハーブ。

自己免疫力をあげていつまでも健康でいたいですね(^^)

LINEで送る